アジア・大洋州・中東(そのほか)

対象国 支援年度 支援内容
イスラエル 1998,2003 ハンセン病細菌学専門家の技術指導支援(1名 於タイ)
ハンセン病対策責任者の国際会議報告支援(1名) 
クウェート 1998 寄生虫症研究者の国際会議報告支援(1名)
シンガポール 1997,1998,2005 東南アジアNGO活動セミナー
ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(2名)
歴史保存支援
スリランカ 1997~1999 マヒドン大学(タイ)寄生虫症研修参加支援(55名)
台湾 1974~1988 ハンセン病制圧対策活動支援(MDT、フィールド活動用車両・機材、啓発・教材)
ハンセン病国専門家際会議報告・研修支援(13名)
マヒドン大学(タイ)寄生虫症研修参加支援(1名)
寄生虫症研究者の国際会議報告支援(39名)
パキスタン 1992~1995 ハンセン病対策担当者の研修(4名)
フィジー 1981,1991 ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(1名)
ブータン 1984~1999 マヒドン大学(タイ)寄生虫症研修参加支援(22名)、
香港 1983,1984,2000 ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(3名)
マカオ 1984 ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(1名)
マレーシア 1974~1997 ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(13名)
ハンセン病対策担当者の研修(11名)
資料制作支援
マヒドン大学(タイ)寄生虫症研修参加支援(55名)
モルディブ 1984 ハンセン病対策担当者の国際会議報告支援(1名)

下記のアジア・大洋州・中東の国は、各国のページで支援活動のご紹介をしています。

イエメン
インド
インドネシア
韓国
カンボジア
タイ
中国
ネパール
パプアニューギニア
バングラデシュ
東ティモール
フィリピン
ベトナム
ミクロネシア
ミャンマー
ラオス